快適生活をかなえるカンタン家事のコツ

快適生活をかなえるカンタン家事のコツ

一人暮らし生活で炊事を自分でしています

大阪で一人暮らしを始めてもうすぐ二年になります。男ながらに出来る範囲で炊事は自分でやっています。実家のときは台所の実権を母親が握っており、料理の真似事を自分なりにやろうとしても口出しをされ、やれ片付けはこっちだなどとも言われ、自分のペースで出来なかったので、不動産屋さんへ行って部屋探しをする段階から、「料理できるスペースが確保されていること」が条件でした。

その甲斐あってか、ガスコンロの新品が二基ついた部屋を見つけ、水道代も無料ということで料理しやすい環境で一人暮らしを始めました。当初はインターネットでレシピを調べ、麻婆豆腐やミートソース、肉じゃがやハンバーグなど基本的ではありつつも全くの料理素人にはどうしたらよいかわからないが、とりあえず作りたいものを毎日作りました。最初は調味料や材料を細かくレシピ通りに作りました。そうやって生活しているうちに、塩コショウをはじめ、小麦粉やメリケン粉、さらにはナツメグやらオリーブオイルやら、実家暮らしの間ならまず自分で買うことなどなかったであろう素材や調味料も一通り揃い、今では家にあるものである程度のものは適当に作れるほどにはなりました。

会社は家から歩いて20分ほどのところにあるのですが、オフィス街のため外食にすると毎食1000円近くかかってしまうので、お弁当も作っています。初めの頃は一時間以上早く起きて台所に立って料理をしていたのですが、今では朝の15分ほどでチャーハンとか豚カツとかもさっと作れるほどになりました。