快適生活をかなえるカンタン家事のコツ

快適生活をかなえるカンタン家事のコツ

一人暮らし生活と結婚してからの炊事の違い

主婦歴二年目で炊事も慣れてきた私ですが、一人暮らしをしていた頃はたまには作っていたものの、好きなものだけ作っていたり、毎週同じ安いものを買ったりとあまり料理を積極的に作っていませんでした。特に学生の頃はダイエットをしていたこともあって、毎週もやしと豆腐を買って味を変えながら食べていた記憶があります。栄養があるものとはいえ毎週それだとバランスが偏ってしまいますよね。一人暮らしの生活だと、注意するのも自分しかいないので栄養とかあまり気にしてなかった気がします。

それが結婚して主人と暮らすことになって料理を真剣に考えるようになり、栄養の面を考えたり、飽きないように料理のレパートリーを増やしたりと今でも料理には力を入れて頑張っています。今では歴代の料理の本たちが本棚にズラーッと並んでいますよ。私が作る料理によって主人の体のほとんどが作られるんですから力は抜けませんよね。一人のときは面倒でやらなかったことも、二人でいると炊事も全く苦ではなくなります。むしろ自分だけでなく大切な相手のことを考えてできることなので楽しいくらいです。

また、母親から料理を教えてもらうのも親子の会話が増えて楽しいと思うので、たまには親御さんと一緒に料理をする機会を作ってもいいんじゃないでしょうか。私も結婚する何ヶ月か前から母親にみっちり料理を教えてもらい、今でもアドバイスをもらったりしています。いつか大切な人と暮らす準備のために、今から料理に挑戦してみるのもいいかもしれませんね。